税込8000円以上のお買い上げで送料無料

貸別荘でバーベキューをしよう

リゾート地などで、貸別荘でバーベキューを楽しむのもいいですね。
基本的に貸別荘は日帰り設定をしているところはあまりありません。
ほとんどの場合、お泊まりの利用ですからゆっくりとBBQを楽しめて、調理も屋内のキッチンですぐできるのが利点。

では、どのように貸別荘BBQを楽しめばよいか解説します。

BBQの出来る貸別荘の傾向と対策

貸別荘とひとくちに言っても、BBQが全部の貸別荘で出来る訳でもなく、またその方式もそれぞれ違う事もあります。
まずは公式サイトを確認し、バーベキューが可能かどうかをみましょう。

数棟が同じ敷地に並んでいるタイプの場合、共同のBBQ場が設けられている場合もあり、その場合は交代で使います。

コンロも事前に申し込んでレンタルするところ、各棟に置いてあるところ、外に作り付けの野外炉があるところなど様々です。

BBQをしてもいい時間も、周辺に住宅等があったりすると21〜22時くらいで切り上げるように決められている場合もあります。

また、特に雪国だと屋外が雪で埋もれたりしますのでBBQの出来る季節が決まっていて、冬期はBBQが出来ないところも多いです。

食材の提供の有無や、食材以外の燃料販売があるか否かも大きく違います。

お肉などのセットのデリバリーをを予約出来たり、近隣のお肉やさんを紹介してくれるところもあります。
もし食材の提供がない場合でも、近辺の道の駅やホームセンターなどでも野菜やお肉等を買えるところがあります。
調味料の提供はないところが多く、あってもせいぜい塩胡椒どまりのことが多いので、焼肉のたれなどのソース系は持って行きましょう。

沖縄の貸別荘だと、炭もガソリンも燃料は飛行機では持って行けませんので、レンタカーを借りて島内で炭や食糧を調達しにいけるようにした方が無難です。

貸別荘ならではの便利さ

貸別荘の場合、基本的には屋内にキッチンがあり自炊対応になっているところが多いです。

なので周辺のお店で食材を調達するにしても、お肉や野菜のカットなどの作業は屋内で出来るので暑い時に下準備はクーラーの効いた場所でできて助かりますし、冷蔵庫もあります。

特にお肉等はギリギリまで冷やしておけるので、暑い夏には腐る心配が減りますしね。

また、冷蔵庫も備えてありますから買って来たドリンクを冷やせますのでビールもぬるくすることなく、焼き上がってからキンキンに冷えたままで食卓まで持って来れます。

デザートのシャーベットやかき氷も作っておいて、溶けずに食べる直前まで保冷しておけますから、お子様連れにもよいですね。

また、夏のBBQなどで汗だくになったらすぐにお風呂に入れます。
税込8000円以上のお買い上げで送料無料

カートに入れる

商品一覧

たのしいBBQのために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」