税込8000円以上のお買い上げで送料無料

バーベキューにおいしい野菜

BBQではお肉もおいしいのですが、そればかりでは偏ってしまいますし飽きやすくなります。

やはり野菜類もあればおいしいもの。
BBQ会場に炊事場がないなどの理由で下ごしらえを家でしていくときはどのような野菜を、どういうふうに下ごしらえしていったらいいでしょうか。

堅いお野菜

にんじん、かぼちゃもバーベキューの定番ではありますが、堅めで火が通り難いという難点があります。

なので、皮をむいて食べやすい厚さにスライス、レンジで軽くチンして熱を通します。
設備の整った高規格キャンプ場や貸別荘以外の会場でしたら、これらの下処理は家で済ませましょう。
このときに全面的に茹でてしまうとしなしなですので、ごく軽くでよいです。

またにんじんは短冊状にカットして、しゃぶしゃぶ・すき焼き用・切り落とし等の薄切りのお肉に包んで焼いてもおいしいです。

じゃがいもはあらかじめ茹でてから、スライスして鉄板で焼くかアルミホイル包みでバター焼きの方が向いているでしょう。
炊事場の無い会場でしたら、家でこれもしっかり茹でていきましょう。

火の通りやすい野菜

玉ねぎ、ピーマン、えりんぎ、茄子、とうもろこしなどもバーベキューの定番。
これらは火が通りやすいので、会場に炊事場があるのでしたら現場でカットしても構いません。
炊事場のない会場でしたら、家でピーマンやパプリカは種をとって大ぶりにカットしていきましょう。
エリンギは網焼きでしたら縦長のカットが網の隙間から落ち難くいいです。

とうもろこしは丸のままワイルドに焼くのも楽しいものですが、お好みで輪切りにしても構いません。

きのこ類ではしめじやマッシュルームもありますが、小さめのサイズなので焼き網から落ちそうですし、鉄板で焼くか、アルミで包んで焼くのがおすすめ。
バター焼きにしてもおいしいです。

野菜も一緒に串刺しに

バーベキューの定番といえば串焼きスタイル。
お肉と一緒に野菜を串刺しにして焼くのもおすすめ。

にんじん、パプリカ、玉ねぎなどが定番ですがズッキーニやえりんぎ、大きめサイズのマッシュルームも混ぜてもいいですね。
輪切りのとうもろこしは串刺し用にも使い易いです。

カット済み野菜を持って行くときの注意

野菜はジップロックで小分けにし、肉と一緒に持って行かないようにしましょう。

肉汁がつくと食中毒の原因菌の繁殖し易い環境になりますので、肉とは火を通すまで一緒にしないようにしましょう。

バーベキューでの食中毒防止に
税込8000円以上のお買い上げで送料無料

カートに入れる

商品検索

商品一覧

たのしいBBQのために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」