税込8000円以上のお買い上げで送料無料

夏はたのしいバーベキュー!

BBQは夏でも楽しいですよね。暑い中でも頑張って焼いて、おいしいお肉にビールを飲んですかっとさわやか!

でも、気温が高い中で火を使いますので焼き上がるまでは熱さが辛いもの。
体調、安全等で気をつけなければいけないことも多々あります。
夏のバーベキューの注意すべき点にはどんなことがあるでしょうら。

夏BBQの暑さ対策

夏の大敵といえばやはり熱中症です。特に焼き作業を担当している人は、暑い中にさらに炭火や焚き火の熱に晒されることになります。
こまめな水分補給、塩飴や岩塩を舐めるといったミネラル補給を心がけましょう。


また、焼き担当作業を1人にだけ丸投げするのではなく、少し短い目のスパンで他の人も交代し、1人だけに無理がかからないようにしましょう、

水分補給の際は、ミネラルウォーターもしくは麦茶がおすすめ。カフェインやアルコールを含むものだと利尿作用がありますから、逆に水分が抜けてしまいます。

焼き作業のときはアイスコーヒーやビールはガマンして、お酒は焼き作業が一段落ついて、食べはじめてからにしましょう。

そして、日向に出ている間は帽子が必須です。
引火が心配なので焼き作業はテントの下で、というわけにはいきませんが食べる時はタープやタープテントで日陰を作り、その下での方がよいです。

夏の食中毒を防ぐには

夏は食材がくさりやすいので、食材の取扱には特に注意が必要です。
食材はクーラーボックスやポータブル冷温庫などできちんと保冷して行きましょう。

お肉は焼く寸前までクーラーボックスや冷蔵庫から出さない事。
また、クーラーボックスもなるべく日陰に置きましょう。

バーベキューでの食中毒防止はどうすればよいか

海や川での事故に注意

海辺や河辺でのバーベキューでよくある事故やトラブルが、BBQついでに飲み過ぎて盛り上がったテンションの勢で、そのまま海に入ったり、渓流に飛び込んで溺れてしまうことです。

お酒を飲むとどうしても判断力が落ちますから、飲みたい人は水遊びはバーベキューの前にすませましょう。

また、当たり前のことですが遊泳や飛び込み禁止と書いてある場所でやってはいけません。

「えーでも皆やってるじゃん」と思わないように。
そう思ってどんどん川に飛び込んでいるうちに溺れる、という事故は毎年多発しています。

溺れてから運良く助けられても消防や地元の人にこってりお説教されますし、折角来たのだから楽しい思い出だけにしたいもの。
禁止されている事は最初からやめておきましょう。

大ボリュームでお得!亀山社中焼肉セット

ぷるんと美味しいホルモン
税込8000円以上のお買い上げで送料無料

カートに入れる

商品一覧

たのしいBBQのために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」