税込8000円以上のお買い上げで送料無料

楽しいバーベキューの後始末は?

バーベキューでお肉をたらふくたべて一息ついたら、後始末をきちんとすることが大事。
汚れたお皿やまだ火のついた炭など、いったいどうしたらよいでしょう。

BBQ機材も大事にしつつ、マナーを守って終わるために後始末の方法を解説します。

炭はしっかり消火しよう

火をつけた炭はなかなか熱が冷めませんので、その辺にポイ捨てすると他の人に怪我をさせてしまったり、最悪山火事の原因になりとても危険です。

なので、きちんと消火していきましょう。

会場に炭捨て場があれば良いですが、そうでない場合は自分で消火してからゴミ捨て場に捨てるなり持ち帰るなりすることが大事です。

この時、コンロに入れたまま水をぶっかけるのはもっての他です。
水蒸気がぶしゃーっと出て危険ですし火傷の可能性もあります。

炭を消すときは、消火用の壷に入れるか、バケツに水を張って1つづつ炭を入れましょう。

水に入れて消火するときは、水が一度あたたまりますが、この水温が再度下がるまで炭を取り出さない事。
炭の中にまだかなりの熱が残っています。

時間のかかる作業なので、食材の焼きが全部終わったら少しづつやっていきましょう。

焼き網の汚れはバーナーで焼ききる!

食材の焦げなどがどうしても焼き網にはこびりつきがちです。
特に、タレ漬け済みのお肉やホルモン、鶏の皮は網にこびりつきやすいです。

こうしたときはバーナーで汚れを焼き切って落としましょう。

その後でたわしでこすります。

洗い場の無い会場の場合は、バーナーで焼き切るところまでやってから拭き取れるところだけ拭き取った後、家で洗いましょう。

洗い場が無いときの食器の始末

公園の臨時BBQ場などで洗い場の無い会場であれば、なるべく紙皿や割り箸のような使い捨ての食器を持って来るのが望ましいです。

使い捨てでない食器を持って来たときは、キッチンペーパーなどで油やたれなどの汚れを拭き取ってビニール袋にまとめ、帰宅してから洗いましょう。
税込8000円以上のお買い上げで送料無料

カートに入れる

商品一覧

たのしいBBQのために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」